ドラムが早く上達するには、これしかない!?

ノンカテゴリ

ドラムが早く上達するには、これしかない!?
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

スティックの持ち方 ~4種類のグリップについて~

スティックの持ち方は、左右で持ち方が異なる『トラディショナル・グリップ』と左右対称の『マッチド・グリップ』に分けられます。
また、マッチド・グリップをさらに細かく分けると、『フレンチ・グリップ』、『ジャーマン・グリップ』、『アメリカン・グリップ』に分類されます。

出典 http://drum-percussion.info

ドラムのセッティングについて

ドラムのセッティングについては、ドラマーの体格や奏法、使用されるパーツの違いによっていろいろなバリエーションがあり、「こうじゃなきゃいけない」というものはありませんが、基本的に以下の点に注意しながらセットすることで「自分に適した」セッティングに仕上げることができるでしょう。

•演奏しやすいセッティングにする。
あたりまえのことですが、手の届かないようなところにセットしては「ただの飾り」以外なんの役に立ちませんし(笑)、距離的に問題なくても不自然なフォームを強いられるようなセッティングでは、無用な疲れを招くうえに演奏のクオリティを落としてしまいます。
自分の体格や奏法と相談してなるべく楽に演奏できる配置を考えましょう。
•音のいいセッティングにする。
たとえ距離的に叩きやすい場所にあっても、実際演奏するときにスティックの当たる角度が深すぎたり浅すぎたりするようではいい音は望めません。
各パーツの特性や自分の体格・奏法によって適した配置を考えましょう。
•楽器に負担のかからないセッティングにする。
ドラマーにとって演奏しやすい配置であっても、楽器の側にしてみたらストレスのかたまりのようなセッティングになっていては、演奏中に倒れたり位置がズレたりする心配がでてきますし、大切な楽器の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。
どこにどういう力がかかっているかに注意をはらったセッティングも心がけましょう。

実際のセッティングでは、これらの条件が互いに矛盾をはらむことも多く全てを満たすことはなかなか難しいのですが、これらを考慮した上での自分に適した「妥協点」を見つけることが大切と言えるでしょう。

出典 http://www.ken3.net

こんな練習、やっちゃダメ!

下手になる練習法その1:スティックの素振り
下手になる練習法その2:「空気ペダル」練習
下手になる練習法その3:擬似ドラムセット型練習台や電子ドラム

出典 http://www.studio-lite.com

打楽器演奏において不可欠な基礎奏法(1つ打ち、2つ打ち、アクセント、ロール、フラム、パラディドルなど)

1つ打ち(シングル・ストローク)の練習手順

1.左右交互に、ゆっくりなテンポで叩きはじめ、20~30秒ぐらいかけて自分の最 も速く動かせるところまで徐々に速くしていく。
  (※上記楽譜の音の長さは気にしなくてよいです)

2.自分の最も速い速度を10秒間保つ。

3.その後、今度は20~30秒ぐらいかけて徐々にゆっくりにして始めのテンポに戻 していく。

出典 http://drum-percussion.info

バスドラムのダブルの踏み方

ダブルの踏み方には2通りのやり方があります。

1.アップダウン奏法

まずヒールアップの状態で1発目を踏みます。その状態から今度はかかとを下ろします。その時の反動を利用して、つま先で再度踏み込み2発目を鳴らすやり方がアップダウン奏法です。

まずヒールアップの状態で1発目を踏み、次につま先の力を抜いて脱力状態にします。つまりはヒールアップの状態ではあるけど力は入っていない状態です。

その状態でかかとを地面とアップ時の半分ぐらいまで下ろします。ここでの状態はほとんど地面と水平な状態です。『足を水平状態』にしたら、そのままつま先に力を入れてつま先のみで踏み込み2発目を鳴らします。これがいわゆるアップダウン奏法です。

ヒールアップはかかとを上げた状態、ヒールダウンはかかとを地面につけての状態ですが、アップダウン奏法にいたってのヒールダウンの表現は違います。どう変わるかというと『ヒールダウンはスネの筋肉を利用してつま先のみで踏む』という風に変わります。

アップで踏んだ後、かかとをいちいち地面につけていたのでは速いテンポでは踏めなくなるので、地面につけるという作業をかかとを下ろすだけという作業に変えるのです。そしてかかとを下ろしながらつま先でさらに踏み込むのです。

かかとを下ろすという動作が特に重要です。人の足首の稼動には限界があります。上にも下にも関節の稼動限界があります。ヒールダウンで踏むという作業に至ってはかかとをできるだけ下にした方が踏み込みが強くなるのです。

地面からかかとを上げた状態で、かかとを支点につま先を上下に動かしてみて下さい。次に地面にかかとをつけた状態で、かかとを支点につま先を上下に動かしてみて下さい。ではここで質問します。どちらの方が踏む力が強いですか?

当たり前で後者、つまりかかとをつけた状態ですね。かかとを上げれば上げるほど踏む力は弱くなります(というか上げすぎたら届かなくなりますしね(笑)。一体何が言いたいかというと、ヒールダウン奏法にいたってはかかとを上げているより下げている状態の方が強く踏めるのです。

これがかかとを下ろす理由、その動作の重要性なのです。つまりアップダウン奏法ではこの動作次第で良くも悪くもなるのです。

しかし、強くなるからといってかかとは地面につけた方がいいというわけではないです。先にも言ったようにかかとをいちいち地面につけていたのでは速いテンポでは踏めなくなります。そんな時間があるなら2発目もそのままヒールアップで踏むことができます。どこまで下げるかは実際の感触によるので普段から気にして練習するといいでしょう。


2.スライド奏法

まずヒールアップでフットボードの真ん中もしくはその手前辺りを踏みます。次にフットボードのはね返りを利用して足を前へ滑らせ2打目を打つというやり方です。

ヒールアップでフットボードの真ん中もしくはその手前辺りを踏みます。踏んだ後はフットーボードが戻ってくるので、その反動を足を前に滑らすことで利用し、足首で2打目を打つのです。滑らせて踏む為スライド奏法と名づけられています。

詳しくといってもあまり詳しくなっていませんね(笑)。アップダウン奏法とは違って理屈は簡単なんです。実際やってみると意外にできたりするものです。

では、何が難しいかというとそれは音の鳴り方です。滑らせて2回音を鳴らすのは簡単ですが、それをちゃんと音符として鳴らしたり大きな音で鳴らしたりするのが特に難しいのです。

2打目をつま先で踏む反応と足首の反応が特に重要になります。瞬時にこの2つを操る感覚を養わないといけません。足のコントロールが特に難しいですからそう簡単にはいかないと思います。ちなみに私はアップダウン派なのでスライドの方はそんなに速くないです。

この2つが主なダブルの踏み方になります。大まかに言えばアップダウン奏法は上下運動、スライド奏法は前後運動ということです。

出典 http://2bass-metal-drummers.com

ハイハットの叩き方

ハイハットの踏み方

ツーバス&フットワーク

ドラムソロ・フィルインの基礎練習のコツ

神保彰 ワンマンオーケストラ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin